2012年04月08日

さようなら 中村先生1


人気ブログランキングへ
 中村先生の退職パーティには各地から大勢の教え子が集まりました。
いくつも年の離れたラガーマン達から破天荒な先生のエピソードが語られ
とても楽しい時間を過ごしました。
先生が私達のテーブルにも来てくれて
「お前は面白いヤツだなぁ」と仰るので
「いやいや、先生には敵いません」
と謙遜してみせました。
 定年パーティから数年立ったある日、先生に用事があって電話をしました。
奥様が電話に出てくれました。
「主人は入院して、家には居ないんですよ」
「え、どうされたんですか?」
「実は口腔てい癌で大学病院で手術をしたんです」

 あのお酒とラグビーをこよなく愛する元気印の先生が
癌に襲われたなんて驚きでした。
電話を入れてから1ヶ月程で退院をされたと、その後
ちょくちょく入れた電話で聞かされました。
退院予定の直前に転移が見つかって少しだけ退院が延びたようでした。
先生は元気にはなったが、発声が不自由と聞いたので
手紙を書く事にしました。
手紙を送ると速攻で返事をくれました。
手紙をくれて嬉しかった事、リハリビと称して
連日のスナック通いの事、そして再発への恐怖が綴られていました。
それから数年、先生からの年賀状には『元気です!』との書き出しがあり
安堵を感じていましたが、今年は年賀状が届きませんでした。
心配になって先生の近くに住む友人に確認すると
再発して入院をされているとの事でした。
それから数日後、友人から先生が亡くなったと連絡がありました。
慌ただしくあちこちの友人から先生の訃報が寄せられ、葬儀の日程も
決まったようでした。
でも私は葬儀には出る気持ちにはなれませんでした。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 14:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。