2012年07月27日

イブが発情した2


人気ブログランキングへ

 一夜の恋人との別れを名残惜しそうに
噛み締めているような切ない表情のイブを
まるで、愛の逃避行先を突き止めた父親のような気分で
連れ帰った。
果たして現実には懐妊したのか確かめる術はなかった。
 それから数週間、イブのお腹の毛が少しずつ抜けてきた。
「もしかして、妊娠の兆候なんでねぇか」
「そうかもね。腹に毛があると、オッパイを飲ませ難いから
 自然と毛が抜けるのかもね」

「おや?お前もそうだったのか」
「ば〜か。初めから生えてないっつ〜の」
その日を境に、イブのお腹の毛はドンドン抜けてツルンツルンになってきた。
私はこの仔犬のような毛の無いお腹を撫でるのが大好きである。
暇があると、イブを転がしてお腹を撫でていた。
数日後、おっぱいが8個、膨らんでくるのが判った。
「出産が近いかもな」
「そうね。おっぱいがパンパンになったら生まれるんだろうね」
さらに、お腹がドンドン大きくなった。
出産が現実のものとなって来ると、不安な気持ちも湧いてくる。
果たして、無事に産まれるだろうか。
イブは赤ちゃんを育てられるのだろうか。
イブが育児放棄をしたら、私達が育てなくてはならない。
心配は尽きなかったが、出産の時は確実に迫っていた。
 ある日、イブが小屋の中に籠ったままになり
外に出たがらなくなった。
「いよいよかもな」
「明るい内に産んでくれればいいけど、夜中なら大変ね」
その心配は的中した。
私達が起きている間は産まれなかった。
 次の朝、イブの小屋を覗いて見ると・・・。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 14:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

イブが発情した1


人気ブログランキングへ

 犬種不明の男共がゾロゾロやって来た。
さっそくイブの小屋の周りを柵で囲った。
柵越しにイブと男共は何やら囁き合っている。
男共の体は大きくはないので、高さ90cmの柵を
乗り越えては来れないようだ。
柵の10cm刻みの格子に鼻を突っ込む奴もいた。

 次の日、お世話になっている整骨院の先生から
電話が入った。
「秋田市で整骨院の先生が雄のハスキーを飼っていて
 是非とも交配をさせたいらしい」

イブの赤ちゃんを見てみたかったので二つ返事で了解した。
さっそく連絡を取って、イブを連れて行った。
その先生のハスキー犬は10坪もある大きな囲いの中を
走り回っていた。
イブをその中に入れると、お互いがお尻を嗅ぎ合っている。
でも、雄のハスキーは直ぐには行動に移さない。
暫く眺めていたが、2匹で走り回っているだけだった。
「今晩は置いてったらどう?」
「そうですね。この様子だとダメかも知れませんしね」
外も暗くなって来たので、イブを置いて帰る事にした。

 家に着いて暫くすると、預けた先生から電話がきた。
「やった。やったよ」
やったって、先生、表現がストレート過ぎませんか?
次の日の午前中にイブを迎えに行くと
2匹が寄り添うように寝ていた。IMG_1542.JPG


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



ラベル:発情
posted by アズキパパ at 17:33| Comment(3) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

イブの前足がぁ〜ラスト


人気ブログランキングへ

 イブが病院から帰って来た。
昨夜は見知らぬ場所で過ごしたので不安だったのだろう。
私の顔を見るなり尻尾を振っている。
イブは嬉しい時は尻尾を振る以外に、丸解りの仕草がある。
普段は青い目のウルトラマンのような目をしているのだが
嬉しい時は目が三日月状になる。
そんな時は、尻尾は振らないが顔が笑い仮面のようになっているので
嬉しいのがバレバレなのだ。
今は素直に嬉しかったので尻尾をブルンブルンと振っているのだろう。
抜糸した後を見ると、傷は10cm位で縫った跡が所々、赤くなっている。
「炎症を起こしているんじゃないの」
と聞くと
「大丈夫なんだって」
と、素っ気ない返事が妻から返ってきた。
妻にしてみれば、今回の病院の対応に何かしらの
不満があるのだろう。
手術の為に前足の毛を剃っていたので
見た目は随分と格好が悪い。
折れた部分をそっと触ってみたがプレートの存在を
確認する事は出来なかった。
「いつかプレートは外すのか?」
「いや、このままらしいよ」
「ふ〜ん」
今回は何から何まで「ふ〜ん」なのだ。

 骨折から一カ月、幸いにもイブの脚に異常は見られなかった。
歩いても走っても問題は無かった。
折れた個所が関節では無かったので、変形も無かった。
しかし、引き運動はまだ怖かったのでやらせなかった。
そして、自転車で走らせる運動は二度とする事は無かった。

 イブは生後8カ月を迎えた頃に、初めての生理がきた。
この日から、イブの純潔を守る戦いが始まった。
当時は放し飼いの犬が珍しくなかったので
さっそくぞろぞろと雄犬たちがやって来た。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 10:48| Comment(8) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。