2012年07月15日

イブの前足がぁ〜5


人気ブログランキングへ
雨降りです。晴れるといいな

 結局、予想通り骨折がはっきり判っただけで
治療もして貰えず、手術までの応急処置は自分でやれと
帰されてしまった。
立てないままのイブを再び抱きかかえて帰りの車に乗せた。
助手席の妻と深いため息をつきながら重い気持ちで車を走らせた。
後ろの席に横たわっているイブの息づかいは少し落ち着いたように感じた。
辺りはすっかり日が落ちて真っ暗になっている。
「どうしよう・・・」
妻が落胆を隠さずにつぶやいた。
「自分でやれっつんだからやるしかないだろう」
「だって、下手に処置して骨が変な方向にくっ付いたらどうすんの」
「うん・・・。でもやるしかない」
「あ、包帯が無い」
家に包帯が無い事に気が付いて、帰り道に開いている薬局がないか
気を付けながら走った。
しかし、不運な時はどこまでもついていないもので、
家までの道には営業をしている薬局はなかった。
そして包帯を用意できないまま工房に着いてしまった。
取り合えず、イブをコンパネの台の上に乗せた。
「包帯どうする?」
「整骨院に行って貰ってくる」
工房の近くに懇意にしている整骨院がある事を思い出した。
夜の八時を過ぎていたが、この際遠慮はしていられない。
整骨院の隣にある先生の自宅のドアを叩いた。
「おや?どうした。どこか痛めたのか?」
事情を説明して包帯を貰って、速攻で工房に帰った。

獣医師に言われたようにベニヤを切って添え木を用意した。
「よし、やるか」
先ずはイブの口をタオルで縛った。
イブは抵抗はしなかった。
妻をイブの体を押さえながら折れた足を引っ張る担当にした。
手早く4本の添え木をあてて、包帯を巻かなければならないので
自分で不器用だと思っている妻が足を引っ張る係りを買って出たのだ。
「引っ張るよ」
顔を思いっ切り顰めて、妻が折れた脚を引っ張った。
すると・・・

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 11:15| Comment(6) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。