2012年07月23日

イブの前足がぁ〜8


人気ブログランキングへ

 先生の「う〜ん、まずいなぁ」の言葉に
妻の心は張り裂けそうだったのではないのだろうか。
「どうなっているんですか?」
「添え木の角が皮膚に当たって、裂けちゃってますね」
「えぇぇ・・・」
「添え木をあてる前に包帯で包めば良かったですね」
妻は思わず「先に言えよ」とつぶやいた。
「ま、手術には問題がありませんから、今日の診察が終わったら始めます」
手術の後は一晩入院することになっていたので心を残しながら
一旦帰る事にした。
「では、明日迎えに来ますのでよろしくお願いします」
精一杯の平静な顔を繕って、先生に深々とお辞儀をして病院を後にした。
帰り道、イブの手術の事が頭から離れなかった。
ステンレスのプレートをビスで止める簡単な手術と言っていたが、
ビスで止めるにはドリルで下穴を開けるんだろうか・・・。
普段、仕事でも使っているドリルと同じなんだろうか・・・。
仕事で開ける穴は相手が鉄板や木材だが、
手術ではイブの骨にドリルを当てるんだ・・・。
痛くは無いのだろうか。
心配は次から次へと頭の中を駆け巡った。
車を運転しての帰り道であったが、何処をどう
運転して来たのか全く記憶が抜けていた。

 次の日の午前中、イブを迎えに再び妻は一人で
動物病院に車を走らせた。
待合室に入る前に、大きく息を吐いた。
「お早うございます。イブの様子はどうですか」
すると看護師さんがリードを引いてイブを連れて来た。
イブは妻を見ると嬉しそうに尻尾を振って近付いて来た。
手術した足にはギブスはしておらず、包帯が巻かれているだけだった。
「一週間後に抜糸しますから連れて来て下さい」
「何か気を付ける事はありませんか」
「本人的には痛い間は足を付いたりはしないと思うので
 特に気を付ける事はありません。若いので早くくっ付く筈ですよ」

この言葉を聞いて、少しだけ安心したが
果たして、骨が完全にくっ付くまで問題無く過ごせるか
一抹の不安は拭う事は出来なかった。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 12:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。