2013年01月26日

イブのお葬式 1


人気ブログランキングへ

 イブが突然に居なくなって、心の中にはポッカリと穴が開いた。
冷たい風が穴を行ったり来たりしている。
家族の誰もがイブの話しをしなかった。
頭の片方でジュクジュクと湿った想い、もう片方は
パリパリと乾いた想いで二分されていた。
何処かで区切りを付けなくては・・・。
獣医師に、イブの遺体と共に渡された小冊子が無造作に
床の上にいつまでも転がっている。
『ペットロスシンドロームについて』
一連の流れを思い返すと、あの獣医師がこの冊子を
渡した事が腹立たしくも滑稽である。
私も妻も読もうとしない。
冊子のタイトルだけが、床に放られた一枚の絵のようにそこにある。
鬱積した想いだけが日々の暮らしを覆っていた。
これが『ペットロスシンドローム』なのであろう。
こう自覚した瞬間、頭の片隅を一陣の風が通り過ぎた気がした。
「イブのお葬式をやろう。派手に送って区切りを付けよう」
妻にこう告げると、怪訝そうな顔をしながら
「え〜?どうやって?」と聞く。
「祭壇を作って、遺影を飾るのさ。綺麗な額に入れて」
「家族だけでやるんだよね」
「いやいや。イブを可愛がってくれた人を皆呼ぶ」
「結局は呑みたいだけ?」
「違うって。いつまでもウジウジしていても仕方がないから、
 いっぱい残念がって、イブの事をいっぱい喋りたいんだ」
「まぁ、言い出したら必ずやるんでしょうから・・・」

IMG_1867.JPG
「イブ、大丈夫?苦しくない?」

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 14:55| Comment(6) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。