2013年03月31日

イヴのお葬式2


人気ブログランキングへ

 イヴの葬式をやると決めました。
先ずは案内状を作って送る事にしました。
パソコンに向かって案内の文章を作り始めました。
『皆様にも可愛がって頂いた我が娘とも言えるイヴが
突然に天に召されてしまいました。』
ここまで書くと込み上げてくるものがあり、
パソコンの画面が見え難くなりました。
涙を拭いながらキーボードを打ち続けて
ようやく案内状が出来ました。
たかだか案内状を作っているだけなのに
何故こんなに悲しいんだろう・・・。
この時の私の年齢は40歳。
40男が犬の葬式の案内状を作りながら女々しく泣いている図は
どう見ても美しくは無いと思いました。
大切な人が亡くなった時は、思いっ切り悲しむ事が
供養になると人様に言い続けてはきましたが、
イヴの死を受け入れないでいる自分に驚いたり、落胆する自分が
いました。
あの大きな体で、私に抱っこされることが好きで、私が疲れて
下に降ろすまで体をすっかり預けてくれました。
そのイヴにサヨナラをするセレモニーは、自分が言いだしたこととは言え
辛い事だと、出来上がった招待状を見て思いました。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



ラベル:葬式
posted by アズキパパ at 12:15| Comment(5) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。