2013年05月24日

アズキの脱走物語 1


人気ブログランキングへ

 4月の下旬の夕方、妻の手からアズキがリードごと
スルリと抜けて行った。
「アズキ〜!帰るよ。戻っておいで」
妻が大声で呼んだが向かいの畑を走り回っていて
帰って来る様子が無い。
それならばと、おやつが入っているビニール袋を揉んで
ガサガサと音を立ててみた。
これまでなら、この音に騙されて事務所の中に飛び込んで来るのだが、
全くの無視で走り回っている。
さっきまで薄暗い程度だった外が、墨でも流したように闇夜に急いでいる。
生憎の曇り空で月明かりさえ貰えない。
闇夜に黒いアズキは溶けてしまい、気配すら感じられない。
夕餉の支度もあるので、取りあえず事務所の玄関を開けて
照明も点けて一旦、自宅に帰る事にした。
「何処かでリードが絡まって動けないでいるのかな」
「それならまだいいよ。あいつ、車を怖がらないから事故が怖いよ」
 モヤモヤした気分のまま、自宅に帰った。
妻は夕餉の支度に入ったが、いやな予感が頭を離れない。
「俺、探しに行って来るよ」
「うん、お願い」
妻はイブが死を賭けた手術に一人で立ち会って、その賭けに破れ
一人でイブの最後を看取っていて、これがきっかけで9年間も
犬が飼えなくなっていたので、万が一アズキに何かあれば
そのショックは大きいものになるだろう。

 取りあえず事務所に戻ってみた。
ちゃっかり事務所で寝そべっていることに淡い期待を掛けていた。
しかし、居なかった。
軽トラックのヘッドライトを上向きにして辺りを徐行で探しまわった。
見つからない。
近所の犬の吠える声が聞こえてくると、急いで電灯を手に走った。
居ない。
仕方なく自宅に戻った。
会話の無い夕飯を早めに切り上げて、息子と二人で探しに行った。
1時間近く、探しまわったが見つからない。
真っ暗の中を黒いアズキを探すのは無理だと判断し、この日は諦める事にした。
幸いなのは、雨の予定は無く、曇り空で気温もそれほど下がらない事だった。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 15:45| Comment(5) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。