2013年06月06日

アズキって何者?


人気ブログランキングへ
枇杷ゼリーらしい

 昨年の猛烈に暑かった夏の日に、外でアズキが騒いでいた。
工房の二階で作業をしていた手を止め、下に降りて行った。
作業服を着た人が二人、アズキの前に立っている。
一人は知っている人だったが、もう一人の方は存知あげない。
初対面のその方はアズキを見て
「この犬は何の雑種だ?」
と聞いてきた。
雑種って?
「ラブラドールだよ」
「ラブラドール?馬鹿な話をするな。どう見てもラブではない」
少しムッとしてきた。
「ちゃんと血統書もある
「そんなものは何とでも出来る。俺はラブのブリダーだから見ればわかる」
「えっ?血統書って偽造出来るのか?」
「やってはいけないけど、実は簡単に出来る。書類さえ整っていれば
 日本ケンネルは裏付け調査はしないもの」

「ウチは買ったのではないけど、ラブラドールと信じて買った人は腹立つな」
「どこから連れて来たんだ?」
「〇〇町の人・・・。名前ははっきり判らない」
「ああ、俺の近所のあいつだ。あいつはやるんだ、こんなイカサマを」
「日本ケンネルもいい加減なもんだな」
「厳格にするって言ってるけどな。この犬、耳は小さいし、胸や足先、顔に白い毛がある。
 黒ラブというの全部黒いんだよ」


 やっぱりそうか。前々から怪しいと思っていた。
アズキは油断すると耳が立っている事がある。
立たないまでも、半分立って、テリア犬みたいに半分から上が折れている事が多い。
白い毛があるのは、テレビで黒ラブが飼い主に死なれて一晩で真っ白になった話しを
聞いていたから、アズキも幼い頃に飼い主に死なれたから部分的に白くなったのかと
無理やり思いこんでいた。
そうか、そうだったのか。アズキはミックス犬だったのか。
だから不細工なんだ。でもね、アズキにとってはどうでも良い話しだよね。
アズキが黒ラブの純血種ではないと判ったことで、私の中に不思議な感情が芽生えた。
前からの疑念が晴れて、正真正銘の黒ラブもどきであることがはっきりした瞬間、
アズキが愛おしくて堪らなくなった。
30度を超える真夏なのに、ギュッと抱きしめた。
夕方に自宅に帰り、娘にこの事を伝えた。
「え〜、酷い事をするなぁ。でも、アズキはアズキだし」
アズキに対する愛は揺るがないようだ。

IMG_0298.JPG

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村





posted by アズキパパ at 11:07| Comment(12) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。