2013年08月23日

星野富弘さん 2


人気ブログランキングへ

 研修は社訓の唱和から始まって、夕方のランニングで
終了するメニューだった。
周りの人たちの希望に満ちた顔の中で、一人不純物が混じり
埋もれて行き、助けを求める自分を自覚していた。
 研修が始まって6日目が土曜日だった。
全員に、全国にある営業所への赴任先が発表された。
私は東京営業所を希望していたのだが、命ぜられたのは
本社勤務であった。
その時は本社勤務が意味するものは皆目判らなかったが
周りから羨望の目が向けられた事は感じられた。
しかし、そのことが更に私の胸に住み着いた鉛のような物の
重さを増していった。
 研修が始まってから最初の日曜日、研修生たちは
スキップでもするように、名古屋の街へと繰り出していった。
私はそんな気分にはなれず、一人残った部屋の中で
悶々とした気分と向き合っていた。
重苦しい時間を過ごした数時間後、
意を決して、研修の講師がいる部屋のドアをノックした。
「申し訳ありませんが、辞めさせてください」
「はぁ?入社から1週間だぞ」
「・・・」
「理由は何?」
「自分がこの会社に入る資格が無いと気付いたからです」
「判るように説明して」
私は、1週間前の駅に着いてからの気持ちからを正直に説明をした。
「まだ子供だから、その不安も判らんでもないが、せめて1年頑張ったらどうだ」
「そのようにも思いましたが、決意を持ってここに来ました」
「貴方は嫌で辞めれば済むが、こんな辞め方では学校へも影響が出るよ」
しまった。考えもしなかった。
今後、この会社から求人が来なくなる可能性もあるのか・・・。
「・・・」
言葉は出ない。
が、自分の中では自責の言葉ばかりが渦巻いていた。
(どうしようもないクソガキだ)

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

posted by アズキパパ at 10:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。