2013年09月12日

星野富弘さん 4


人気ブログランキングへ

 新幹線が東京駅に着いた。
名古屋からの移動の中で自分に問うていた事がある。
(これからどうする)
このまま、おめおめと家には帰れない。
東京で住み込みで働ける場所を探そう。
でも、仕事ってどうやって探すのだ?
街を歩き回れば、『従業員募集』の張り紙があるのではないか?
兎に角、家には帰れない。
この決意を母親には伝えよう。
10円玉と100円玉を握りしめて
公衆電話のボックスに入った。
ワンコールで母が受話器を取ったようだ。
「あ・・・俺・・・」
「バカな事を考えないで、直ぐに返って来い!」
母には全てお見通しだった。
仕方が無い。取りあえず帰ろう。
会社が用意してくれた電車は急行の夜行列車だった。
寝台はないのでボックスシートに丸くなって眠った。

最寄りの駅に着くまで一度も目を覚まさなかった。
人生最大の衝撃的な出来事があったばかりなのに
ぐっすり眠れる自分に自己嫌悪を覚えた。
家の近くまで来るとたじろいでしまった。
(どうかご近所さんに逢いませんように)
しかし、お向かいさんに逢ってしまった。
「んん?あれぇ?」
「お、おはようございます」
急いで家に逃げ込んだ。
母が玄関で立っている。
いつから立っていたんだろうか。
「お帰り。ご飯だよ」
「あ、うん・・・」
部活から帰って来た時と同じように迎えてくれた。
父も姉も仕事に出ていた。
「おカァ、仕事は?」
「休んだ」
食卓にあった焼き魚に湯気の立ったご飯と味噌汁が添えられた。
「お前、朝ご飯を食べたら、高校へ行って謝ってきなさい」
私は、母親には怒られた事が無い。
この時も怒っている様子は無かった。
朝ご飯の食べ終わると、高校へ向かった。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 11:35| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。