2015年02月13日

前略 母ちゃんへ5


人気ブログランキングへ

 高校生になった私は妙な悪知恵が付いて、
今、自分の子供にやられたら頭にきて
きっと許さない事ばかりやっていました。
小椋桂の世界に引き込まれていた私は
レコードを買い集めていました。
アルバムの価格が2500円位だった時代に
月に2枚も買っていました。
小遣いが3000円なのに2枚も買える筈がありません。
「参考書買う」「スパイクに穴開いた」
こんな嘘を疑いもせずに、小さながま口を開いては
シワシワの千円札を出してくれました。
ステレオは小さな応接間のような部屋にあったので
一人掛けのソファに沈んで聴いていると、ソファの背もたれから
顔を覗かせて「優しい声だこと。毎回この人のレコードを
買うんだな」
と笑っていました。
あの笑顔は、もしかしたら私の所業を全て見透かした笑顔では
ありませんでしたか。

 私は3年生になると、土曜日は友人の家を泊まり歩いて家には
帰ってきませんでした。
7〜8人の泊まれる友人の家をローテーションでも組むように
泊まり歩きました。
そして、その友人たちを纏めて自宅に泊めることもありました。
「明日、友達を8人泊めるから」
今、親になってみると食べ盛りの男子に8人も泊まられると
ご飯の支度や寝具の用意やら、かなり大変です。
当時は、そんなことは一つも考えたことがありませんでした。
母ちゃんは大人数の友人を引き連れて帰ってくる私が
誇らしかったと、後で言っていましたね。
小さな体で製材所で働き、家事をこなし
馬鹿息子はいい気になって8人も連れてくる。
母ちゃんにとっては自慢の息子だったかも知れないけど
今思うと、随分と自分本位のロクデナシでした。


にほんブログ村

posted by アズキパパ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。