2015年03月10日

親父(オヤジ)1


人気ブログランキングへ
 親父はダイワン(町内会地区の別名)の狼と呼ばれていたらしい。
私自身は、その狼ぶりを目撃したことはない。
伝説のような話しであるが、酔っ払って暴れている親戚がいると
駆けつけて制圧し、担いで警察署まで行き、トラ箱にぶち込んで来たり
不良になって家に帰らない親戚の子を探し出し、家まで引きずって帰ったとか
製材所では直径30センチの丸太を両方の肩に1本づつ担いで運んだとか。

 親父は大正12年に4人兄弟の末っ子で生まれた。
豊かな人が一握りで、残りは総じて貧しかった時代だった。
中学にもろくに行けないで、15歳で名古屋に売られたと本人は言う。
その時に親が受け取ったお金は15円だった。
酔うと「俺は15円で親に売られたんだ」が口癖だった。
当時、公務員の給料が75円だったので、15円は今の貨幣価値に
換算すると4〜5万円というところだろうか。

 名古屋の木工所で働く事になった親父は、元々、手が利く人だったので
直ぐに腕が上がり、社長と女将さんに随分と可愛がられた。
他の職人がテーブルを1台作るのに、親父は3台仕上げた。
売り上げを上げる職人が可愛いのは至極当然だった。
社長は他の職人には内緒で、腕時計や背広を買ってくれた。
10代の特別扱いをされる親父には、他の職人たちの嫌がらせが始まった。
しかし、親父は全く気にならなかった。
「俺は社長に買われたんだ。だから商品価値を上げるだけ」
修行期間が5年を過ぎた二十歳の頃、赤い召集令状が来た。
1939年に勃発した、第二次世界大戦は4年目となっていた。


にほんブログ村
posted by アズキパパ at 10:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。