2012年04月22日

さようなら中村先生 ラスト


人気ブログランキングへ

 中村先生の葬儀には全国から多くの教え子が参列したそうです。
大きめの会場を設定したようですが、入り切らない位の方々が
中村先生の死を悼みに集まったようです。
その中に私は入って行きませんでした。恩人である先生の死を
受け入れたくなかった等と言う感傷的なものではありません。
葬儀会場が溢れる位の弔問客になる事は予想出来ていたので
会場と葬儀を仕切る立場の人からすれば、効率の良い進行をするでしょう。
甚だ不謹慎的な考え方になるかも知れませんが、葬儀は多分にセレモニー的に
なることは否めないと思いました。
私は、先生の遺影としっかり対峙して話しがしたいと思いました。
 葬儀が終わり、数日間は引っ切り無しに弔問客があると思いますが
だんだんとその数も減って来ると残された家族は寂しさが湧きあがってきます。
この事は自分で両親と姉を見送った経験で痛いほど判ります。
 弔問客が薄くなると思った頃に、妻と先生に会いに行きました。
ちょうど女子高時代の教え子が弔問を終えたところでした。
奥様が教えてくれたのですが、先生は女子高時代は一切、生徒の前で
怒った事がなかったそうです。
 先生は口腔底癌を克服後はリハビリと称して連日の飲み屋さん通いだったそうです。
奥様は頼むから日付が変わる前には帰って来てと釘を刺していたそうですが
ほとんどが午前様だったようです。
連日のリハビリが功を奏してか、発音に違和感を残していた後遺症も
すっかり鳴りを潜めていたそうです。
 それが昨年の7月にヘルペスを患ったことで様子が一変しました。
癌治療をした大学病院に行けば良かったのかも知れませんが、
地元の総合病院に入院してヘルペス治療をしたそうです。
そのことがその後の体調に影響を及ぼしたかは断定的な事は
言えませんが、先生の癌治療のデータを持たずに治療をしたことは
何らかの影響を及ぼしてしまったのではないかと思います。
ヘルペスは治りましたが、体調がすぐれずに大学病院を訪ねた時には
既に手遅れの状態だったそうです。
体のあちらこちらに癌が発生する多発性癌に冒されていたそうです。
手の着けようがなく、最も深刻だったのが膵臓に出来た癌でした。
このことは先生には伏せられましたが、先生は感じ取っていたのでしょう。
先生は病室で奥様にずっとそばに居て欲しいと言ったそうです。
病院は完全看護が原則で家族が泊まり込む事は出来ないらしかったが
特別のはからいで、奥様はずっと先生のそばでいたそうです。
先生は好きに生きた人生だったと思いますが、人生の終焉を
迎えようとしている時に最も大切な人に傍に居て欲しかったのでしょう。
強気で生きた先生が最後に見せた弱さ・・・。「そばに居て欲しい」
それは長い夫婦生活で一番の濃密な時間だったのではないかと思います。
 先生の回復は見込めなかったので、ホスピスに転院しました。
ホスピスは痛みを軽減することを第一としているので
先生はゆるやかに穏やかに死を迎える事が出来たそうです。
先生の葬儀には遺体も遺骨もありませんでした。
それは先生が若い医者の為に献体を申し出たからです。
先生、先生。最後の最後にも私に道を示してくれました。

 先月、役場から中央公民館の非常勤の館長就任を要請されました。
夏イベントのイベント委員長、出会い応援隊の隊長、その他自ら企画主催する
数々のイベント・・・。
娘は「仕事との両立は出来るの?」妻は「引き受けるの?」と概ね否定的な雰囲気。
でも私は引き受ける事にしました。人々に求められている内が華だと思うからです。
それと、中村先生が献体をした事が後押しをしてくれました。
「人の為になることをやれ」
先生がこう言っていると思ったからです。
先生、有難う御座いました。そして安らかにお眠りください。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村






posted by アズキパパ at 17:04| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
近頃「終活」なるものが流行って(?)いますねー
母の死をきっかけに、モノを整理しなければと本気で考えています。
息子や娘が後で遺品整理にどれだけ費やさねばならぬかと考えると「断捨離」が必要です。
まぁ・・・献体までは行き着けるかどうか・・・この私には無理の様です(^_^;)

今度は公民館の館長さんですか?
頼まれる内が華・・・なのでしょう。
その分、まぁちゃんが負担増であること間違いなしなわけで・・・
でも「忙しいほどやれる」ものです。
暇になったらやれるか?と言えばこれが・・・あぁ〜た!やれないものなのですよ!d(^-^)ね〜!
p( ^ ∇ ^ )q がんばれぇぇ!
Posted by はなママ at 2012年04月23日 11:40
先生はお酒を沢山呑んだので、その点に悔いは無いでしょう。献体は遺族にとっては不思議な感覚のようです。
こちらでは亡くなると先ずは火葬します。そして祭壇に遺骨を祀って葬儀をします。献体をするといつ遺体が戻ってくるか判らないのだそうです。

母が死んだ時の遺品整理は私が23歳の時にしました。父は思い出のものばかりなので棄てる事が出来なかったからです。私がポンポン棄てるものだから、「お前、貧しかった時代にこれを用意するのにどれだけ難儀したと思っているんだ」と怒りました。

私が何かをする事で妻に負担は掛からないようにしているつもりです。でも、それは思い込みで実は負担が掛かっているかも知れません。そこはほれ、お互い様って事でね。それと諦めかな。楽しんでもいるとも思うんだけどなぁ。
Posted by アズキパパ at 2012年04月23日 18:41
献体は医学の研究のためにと云われても、かなり勇気と決断がいりますね。
私にはそんな勇気はありません。
ボランティアも無理なことは長く続かないので、できる範囲でなら協力しています。
アズキパパさんにはできる余力があるのだと思います。
それに信頼されていないと頼まれませんし、大変なこともあるかも知れませんし、誰でもできることでもないですし、もしかしたら、人をまとめる力というのはアズキパパさんに備わっている才能かも知れませんね。
中村先生がそれに気がついて、発掘してくれたのかも知れませんね。
中村先生は本当の意味での恩師ですね。
Posted by 愛ちゃんママ at 2012年04月26日 08:31
愛ちゃんママさん

有り難うございます。
社会人になってもずっとキャプテンをしているような状況です。以前は重荷に感じた事もありましたが、最近は力を抜く事をこの年になって覚えたので楽な気持ちでやれていると思います(手抜き??)
物事は上手く行かなくて当たり前と思っていますので、上手く行くと面白いです。
Posted by アズキパパ at 2012年04月26日 09:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。