2012年06月21日

アズキパパ家の犬歴史 イブ編2


人気ブログランキングへ
 数日後、ガソリンスタンドのSさんがお茶飲みに寄ってくれた。
「ハスキー、分けてやってもいいってよ」
「本当か」
「4匹産まれたから、見て好きな奴を持って行っていいって」
「そんで、いくらで分けてくれるって?」
「5万でいいってよ」
「オッカア、5万ならなんとかねるべ」
「Sさん、お願いして貰っていいかしら」

 早速、産まれて2週間程の仔犬を見に行った。
母犬はハスキーにしては小柄なほうだった。
飼い主の石井さんは、母犬の目を見てみろと言うので
近づいて犬小屋を覗きこんだ。
すると片目はブラウンなのだが、もう一方の目は
半分がブルーだった。バイアイと言うのだそうだ。
「知らない人は目が悪いのかと聞くんだよ」
「一瞬、怯むね」
「コンテストでは目の色は関係ないんだよ。ブルーアイがもてはやされているけど」
母犬が小屋の外に出てくると仔犬たちもチョコチョコ歩きで出て来た。
4匹ともクリーム色の毛色だった。
イメージにあった白黒で歌舞伎の隈取りのような顔ではないが
どれも既に凛凛しい顔をしている。
その中で1匹だけ、両方の目がブルーの仔がいた。
体は小さめだったけど青い目のその仔に目を奪われてしまった。
「この目の青い仔に決めました。お願いします」IMG_1174.JPG
私だって仔犬時代は可愛かったんだから!
あんたの仔犬時代は見てないから・・・
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


ラベル:ハスキー
posted by アズキパパ at 08:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
犬との出会いは、一瞬の閃きに似てるね。
あれやこれや長考すると言うのでは決して無い。
引き合うものがあるのですねー

はなも、小さい頃は熊のぬいぐるみみたいに可愛かったU^ェ^U ワン!
鼻がぺちゃんこで・・・いつ長くなったのかなぁ・・・
気が付いたらキツネ顔になってしまってた!?
Posted by はなママ at 2012年06月21日 11:07
犬との出会いは確かに恋に落ちる時のように
この子!って本能的に感じるよね!
うちの愛ちゃんも可愛かった!
ブリダーさんのところで6匹いるうちの
どの子でもいいよ!
って言ってくれたので、柵の中の子に手を差し出したら
愛ちゃんが寄ってきて、ペロって私の手を舐めてくれて
決まりました!
愛ちゃんが私を選んでくれたのかも!と思っています(笑)
子犬時代は3ヶ月くらいしかないから、写真も随分撮って、すごく楽しんだのを覚えています。
トイレのしつけとか大変だったけど、初めての子育てに夢中になったのを思い出します。
子犬の時はまた特別に可愛いものね!
Posted by 愛ちゃんママ at 2012年06月21日 11:22
はなママさん

小さい時はみんなハナペチャですよ。
人も動物も赤ちゃんの時は可愛く造られているんですよ。
守って貰わないと命の危険があるからだと聞いた事があります。
でも最近は、赤ちゃんでも虐待で命を落とす報道が後を絶ちませんね。要らない命なら造らない方法もあるのに・・・。

アズキの仔犬時代は見ていないので残念な気がします。
仔犬から教育して立派なレトリーバーに育てたかった・・・。
家に来た時には既にアホが定着して手遅れでした。
Posted by アズキパパ at 2012年06月21日 11:27
愛ちゃんママさん

そうですね。こっちが選ぶと言うより
犬に選ばれるというのが正解ですね。
アズキも私達を選んで我が家にやって来たんでしょう。
アズキは朝の8時を過ぎると、「出勤だよ」と騒ぎ始めます。何処で時計を確認しているのやら。
Posted by アズキパパ at 2012年06月21日 11:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。