2013年01月26日

イブのお葬式 1


人気ブログランキングへ

 イブが突然に居なくなって、心の中にはポッカリと穴が開いた。
冷たい風が穴を行ったり来たりしている。
家族の誰もがイブの話しをしなかった。
頭の片方でジュクジュクと湿った想い、もう片方は
パリパリと乾いた想いで二分されていた。
何処かで区切りを付けなくては・・・。
獣医師に、イブの遺体と共に渡された小冊子が無造作に
床の上にいつまでも転がっている。
『ペットロスシンドロームについて』
一連の流れを思い返すと、あの獣医師がこの冊子を
渡した事が腹立たしくも滑稽である。
私も妻も読もうとしない。
冊子のタイトルだけが、床に放られた一枚の絵のようにそこにある。
鬱積した想いだけが日々の暮らしを覆っていた。
これが『ペットロスシンドローム』なのであろう。
こう自覚した瞬間、頭の片隅を一陣の風が通り過ぎた気がした。
「イブのお葬式をやろう。派手に送って区切りを付けよう」
妻にこう告げると、怪訝そうな顔をしながら
「え〜?どうやって?」と聞く。
「祭壇を作って、遺影を飾るのさ。綺麗な額に入れて」
「家族だけでやるんだよね」
「いやいや。イブを可愛がってくれた人を皆呼ぶ」
「結局は呑みたいだけ?」
「違うって。いつまでもウジウジしていても仕方がないから、
 いっぱい残念がって、イブの事をいっぱい喋りたいんだ」
「まぁ、言い出したら必ずやるんでしょうから・・・」

IMG_1867.JPG
「イブ、大丈夫?苦しくない?」

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 14:55| Comment(6) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不慮の死を遂げたイブちゃんの
突然のお別れはご家族のだれもが
信じたくなかった事実だったので
しょうね!
私も柴犬の遼くんを亡くした時は
散歩していたも何していても
思い出しては泣いていました。
そして今も思い出します。
でも楽しかった思い出は悲しかったこと
よりも大きかったので、
いつでもどこでも思い出して
あげることが供養だと思っています。
アズキパパさんがこの文章を
書いてあげていることだけども
イブちゃんに対する供養だと思います。
わんこは一緒にいてくれたその時間
以上に喜びを運んでくれたのだと思います。
Posted by 愛ちゃんママ at 2013年01月27日 18:24
愛ちゃんママさん

有り難うございます。
老衰だったら諦めも付くんでしょうけど、自分達の無知があったとはいえ、何度も病院に行っていたんですから
獣医師からアドバイスがあっても良かったと思います。
ビジネスの面でも避妊手術のお勧めがあるんじゃないんですかね。イブの死には多くの事を学びました。
Posted by アズキパパ at 2013年01月28日 09:51
はなの前にマルチーズのポチが15年居ました。
老衰でしたけど・・・

家のそこここに思い出が一杯で・・・
振り向けばそこに居るような・・・
そのたびに涙・・・・(・_・、)
Posted by はなママ at 2013年01月28日 22:17
はなママさん

そうですね。
家族と同じですから、そこに居るのが当たり前だったのに
突然に居なくなったら悲しいです。
訳もなく涙が出て、自分自身に驚く時があります。
Posted by アズキパパ at 2013年01月31日 08:05
アズキパパさん、お久しぶりです。
良い写真ですね。いつみても娘さんは、動物好きで弱いものに思いやりの心がある、本当に一瞬の写真でも伺えます。
イブも娘さんを仲の良いお友達と思っていたのでしょうね。

この記事を読んで、改めて、今一緒にいるテスを最後まで責任もってみてあげたいと思いました。勿論楽しみながらです。
Posted by tittle tattle at 2013年02月14日 08:29
あずきパパさん、お元気ですか?
子どもの学校とかでお忙しいのかも知れませんね!?
ブログ更新しているかどうか時々訪問させて頂きます。
Posted by tittle tattle at 2013年03月26日 01:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。