2013年07月29日

アズキと子猫の物語5


人気ブログランキングへ

 さてさて、捕獲器第2号はどうだったかな?
朝に出勤してきたお父さんは、捕獲器の天井に開けた穴から覗いてみた。
「おや〜?入ってご飯を食べた跡はあるな」
どうやら、使った段ボールの紙が薄手だったので
ロックされたはずの扉をこじ開けて脱出したようだ。
 お父さんは第3号機を製作した。
今度のは、木枠を作ってベニヤを張ったヤツだ。
「アズキ、捕獲器を置く前にニャンコが居るか確認しろ」
お父さん、ようやく私の重要さに気が付いたのね。
よし!任せてね。
クンクン
IMG_2043.JPG
お父さん!居るよ。いるいる。
「判った、アズキ。どいて」

第3号機〜
IMG_2042.JPG

捕獲器を置いてから数時間・・・
お父さんが作業場で仕事をしていたら、ゴトンと音がしたらしい。
外に出て捕獲器を覗いている。
IMG_2045.JPG
「入った〜!オッカア〜、ニャンコが入ったよ」
お父さん、やっぱ自分では触らないんだね。
お母さんは二階から降りてきて、捕獲器の中に手を入れた。
「イタッ!」
ニャンコが抵抗して引っ掻いたみたい。
狭い箱の中で格闘の末、お母さんはニャンコを鷲掴みして取り出した。
お父さんは首輪を掛けた。
「いや〜、一番小さい首輪を買って来たけどまだ大きいな」
「ま、これが一番小さかったんだから、仕方ないね」
ニャンコは水色の首輪に濃いピンクと薄いピンクのストライプのリードが
着けられた。
ニャンコにとって、首輪を着けられてリードに繋がれるなんて
厭なんだろうね。私は馴れたけどね。
抵抗をしている内に、片方の前足が首輪に入った。
「やっぱ、首輪が大きいんだな。でも、かえって抜けなくていいかも」
「取りあえずこれで我慢して貰って、別な店に行ってもっと小さい首輪を探そうよ」
 お父さん達は、ニャンコを物置に繋いで別な首輪を買いに行った。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 10:08| Comment(6) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いねー材料があるから簡単に作れちゃうんですね。
猫って体の割には頭が小さいから、首輪だと抜ける可能性が大ですよね。
ハーネス型が良いかも?
それともリボンの方が抜けないかも?

この子猫、可愛い顔してるね♪

あずきちゃんの後ろ姿、災害救助犬みたい!!”=*^-^*=にこっ♪
Posted by はなママ at 2013年07月29日 18:39
はなママさん

あ、ホントだ。
アズキが瓦礫の中で捜索する、災害救助犬だ。
ニャンコと仲良くしたいみたいで
ニャンコを発見すると、ほふく前進姿勢で近寄ります。
「その挑戦的な姿勢が駄目だっちゅうの」
と突っ込んでいます。
Posted by アズキパパ at 2013年07月30日 06:21
子猫の方は、フーっと毛を逆立てて威嚇したりしないの?
Posted by はなママ at 2013年07月30日 23:27
はなママさん

この子猫は威嚇行為はありません。
アズキが舐めても嫌がるそぶりもありません。
アズキはよっぽど仲良くしたいんでしょうね。
Posted by アズキパパ at 2013年07月31日 14:56
今頃この子猫ちゃんは家族の一員として
一緒に生活しているのでは・・・?
と想像しています。
アズキちゃんも優しいから
子猫ちゃんもすぐになれるでしょう!
家族が増えるって楽しいですよ!
Posted by 愛ちゃんママ at 2013年08月05日 19:30
愛ちゃんママさん

残念ながら、このニャンコは我が家の家族になる事を
選択しなかったようです。
どこかで元気に逞しく生きていて欲しいと思います。
時々、猫缶を置いとくと、無くなっています。
このニャンコが食べているのか、他の猫が、はたまたカラスが食べているのか不明です。
Posted by アズキパパ at 2013年08月11日 16:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。