2013年08月23日

星野富弘さん 2


人気ブログランキングへ

 研修は社訓の唱和から始まって、夕方のランニングで
終了するメニューだった。
周りの人たちの希望に満ちた顔の中で、一人不純物が混じり
埋もれて行き、助けを求める自分を自覚していた。
 研修が始まって6日目が土曜日だった。
全員に、全国にある営業所への赴任先が発表された。
私は東京営業所を希望していたのだが、命ぜられたのは
本社勤務であった。
その時は本社勤務が意味するものは皆目判らなかったが
周りから羨望の目が向けられた事は感じられた。
しかし、そのことが更に私の胸に住み着いた鉛のような物の
重さを増していった。
 研修が始まってから最初の日曜日、研修生たちは
スキップでもするように、名古屋の街へと繰り出していった。
私はそんな気分にはなれず、一人残った部屋の中で
悶々とした気分と向き合っていた。
重苦しい時間を過ごした数時間後、
意を決して、研修の講師がいる部屋のドアをノックした。
「申し訳ありませんが、辞めさせてください」
「はぁ?入社から1週間だぞ」
「・・・」
「理由は何?」
「自分がこの会社に入る資格が無いと気付いたからです」
「判るように説明して」
私は、1週間前の駅に着いてからの気持ちからを正直に説明をした。
「まだ子供だから、その不安も判らんでもないが、せめて1年頑張ったらどうだ」
「そのようにも思いましたが、決意を持ってここに来ました」
「貴方は嫌で辞めれば済むが、こんな辞め方では学校へも影響が出るよ」
しまった。考えもしなかった。
今後、この会社から求人が来なくなる可能性もあるのか・・・。
「・・・」
言葉は出ない。
が、自分の中では自責の言葉ばかりが渦巻いていた。
(どうしようもないクソガキだ)

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

posted by アズキパパ at 10:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アズキパパさんって、深慮遠謀の青年だったのですね?
私が18歳の頃って、なぁ〜〜んにも考えていなかったような・・・
高校を卒業したら大学へそして地元で就職。普通に結婚するのだろうなぁ・・・とぼんやりとした考えしか無かったなぁ・・・・
それなりに青春は楽しんでいたけどd(^-^)ネぇ・・・・
Posted by はなママ at 2013年08月24日 09:27
はなママさん

いやいや、何にも考えないで給料とブランドだけで
入社を決めたから多方面にご迷惑を掛けてしまいました。

高校の先生は「お前、なんであの会社に行くの?脚本家とかの制作関係に行くべきだ」と言われた事があります。
その時は、この先生、何言ってんだろと思いました。
Posted by アズキパパ at 2013年08月25日 09:06
私も18歳の頃はかなり子供で
なんにもわかってない子供でした。
いまでも少し残っている部分が
ありますが、時々反省すると
かなり困ったチャンだったんだろうな
と思います。
まぁ、若いときは誰でも彼でも
そんな部分は持っているんじゃないかしら?

かわい農家、調べてみましたが
肝心のお値段がどこにも書いてないのです。
これって品質と共に大事なことなので
どうして書いてないのか不思議です。
あまり売ろうと思っていないのかしら?
Posted by aichanmama at 2013年08月26日 19:12
愛ちゃんママさん

若いと言うだけで許される事もありますが
他に迷惑を掛ける事はしてはなりませんね。
笑って許されることに収まってくれたら良かったんですけど、この出来事は、笑えませんね。

かわい農場の価格は、ソーセージの大きさや量が一定ではないのでホームページには表示していないようですね。
小規模経営で、一個一個が手作りなので大きさも一定にしようと頑張っているようですが、結果的に違うので表示し難いそうです。うちで買ったショルダーベーコンは100グラムが400円です。アイスバインが直径20センチ位で2100円でした。量が一定ではなくとも目安となる価格の参考例が解ると良いですね。完全手作りの物としては、良心的な価格だと思って、よく買いに行っています。
Posted by アズキパパ at 2013年08月28日 06:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。