2015年01月29日

星野富弘さんに会えた


人気ブログランキングへ
 特急と各駅電車を乗り継いで星野さんの住む
東村にたどり着いた。
厚木からだと結構な道程だった。
村の駅に降り立ったが、さて、星野さんの家は何処だろうか。
オーバーウォールに下駄を履いて、番傘を持ったヘンチクリンな
若者が村の中を右往左往する。
星野さんは有名人だろうから、出会った方に聞けば判るだろうと
歩き回った。
しかし、誰にも出会わない。
民家の表札を見ても「星野」姓は見当たらない。
2時間位、徘徊してみたものの結果が得られない。
しかたなく駅に戻った。
駅前に公衆電話のボックスがある。
電話帳で星野さんの名前を探すと「星野富弘」があった。
ダイヤルを回すと若い女性の声がした。
星野さんの奥さんだ。
『済みません。星野さんの絵に感激して会いにきました。
2時間位探してみましたが見つける事が出来ません。
駅からだとどう行けば良いでしょうか』
『そこに居て下さい。迎えに行きますから』

 数分後、車を運転した女性が運転席の窓を開けて笑っている。
『こんにちは。星野です』
黒縁の眼鏡を掛けた、色の白い聡明な感じの方だった。
車の後部座席に乗せて貰い、10分位で星野家に着いた。
玄関の横は大きな庭になっていて、色とりどりの花が咲いていた。
『お邪魔します』と玄関に入ると
『ようこそいらっしゃいました』と
お母さんが正座をして丁寧な挨拶をしてくれた。
奥さんの招きで、星野さんの部屋に案内をされた。
部屋に入ると、星野さんはベッドで横になっている。
『こんにちは』
『やぁ、いらっしゃい』
星野さんは奥さんのサポートで絵を描いていた最中だったらしく
絵筆がテーブルの上に置かれている。
私は、星野さんの詩画集や著書の感想や
心を打たれた事柄を話しまくり、星野さんは
優しい笑みを湛えて聞いている。
そうしていると、奥さんがお皿を抱えてやってきた。
『お昼にしましょ』
ナポリタンを作ったようだ。
私の分も作ってくれたので、恐縮しながらご馳走になった。
食べ終わったら星野さんが
『散歩に行こうよ』
と言ってくれたので『はい、是非』と答えた。
星野さんは首から下の機能を失ってしまったけど
電動車いすのレバーを顎で操作して見事に動き回って見せた。
『ほら』と言って、ターンも見せてくれた。
田んぼ道の縁には様々な花が咲いており、
これも星野さんが描く絵の題材となるらしい。
『自然には敵わないよねぇ』
ぽつりと言った言葉が心に響いた。
自分も駆け出しながら色を使って仕事をしている。
花の絵を依頼されることもあるが、自然の色には及ばない。
『敵いませんね』
こう答えるしかなかった。
部屋に戻った後でもいろいろな話をしてくれた。
奥さんはニコニコしながら聞いているだけだったが
その笑顔は愛情に溢れていて、心地よい時間だけが
過ぎていった。
2時間ほどの時間を共にして、奥さんの車に乗せられて
駅へと向かった。
『まだまだ、頑張れる』
星野さん.jpg


にほんブログ村
posted by アズキパパ at 11:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若かりし頃のアズキパパさんですか?
中村雅俊さんに似てるような・・・吉田拓郎さんに似てるような・・・?
時代を感じる髪型ですd(^-^)ネ!
そっか・・・・アズキパパさんってこんな感じだったんですかぁ・・・(^0_0^)ナルホド〜〜☆
Posted by はなママ at 2015年01月29日 13:37
はなママさん

最後の「ナルホド〜〜」って??
髪はこの後、順調に育って背中まで伸びます。
カーリーヘアが背中ですからね。
若さって恥ずかしいです。
綺麗なお姉さんがいる美容院に行ってました。
Posted by アズキパパ at 2015年01月29日 14:46
素敵な出会いでしたね
いいお話を聞かせていただきました
ありがとうございます
Posted by 由乃 at 2015年01月30日 13:27
由乃さん

ありがとうございます。
星野さんは現在も絵を描いているようです。
著書も機会があれば手にしてみてください。
Posted by アズキパパ at 2015年01月30日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。