2015年02月06日

前略 母ちゃんへ2


人気ブログランキングへ
 母ちゃん、母ちゃんの料理で思い出に残っている料理は
あまりありません。
正直、母ちゃんの料理で美味しいと思ったことはありません。
町部から離れた農家の出のせいか、おかずはうんとしょっぱい
ニシンと漬物と野菜を茹でた物しか食べたことが無いって
言ってましたものね。
魚料理は焼く、煮る。煮るのも醤油で煮るだけでしたね。
あ〜、彼岸に作る牡丹餅だけは美味しかったです。
彼岸の朝、早起きして牡丹餅を作っている横で
出来次第に私が食べまくるから、ちっともお墓の分が
出来ませんでしたね。
それを怒りもせず、嬉しそうに作り続けていましたね。
13個食べたところで「腹つえ〜」
後ろ手に天井にお腹を突き出すと
「腹破れるど」と笑いましたね。

 母ちゃんは私のやること、しでかすことを
叱ったことがありませんでしたね。
叱りはしないけど、時々悲しい顔をされると
何だか切ない気分で一杯でした。
小学生の頃、母ちゃんを驚かそうと
仕事から帰る頃を見計らって、合羽の上下に
長靴を履かせて天井からぶら下げたことがありました。
案の定、母ちゃんは土間に座り込むくらい驚いて
私は目論見が成功して馬鹿みたいにケタケタ笑いこけて、
でも母ちゃんは怒りもせず、俯きながら
「片付けれ」と言ったきり
その日は口を利いてくれませんでしたね。
冗談の質が悪いクソガキでした。
ごめんなさい。


にほんブログ村
posted by アズキパパ at 15:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
私の母は料理上手でした
今は老人ホームでお世話になっております
色々心配もかけたこともありますが
自分が親になって、あの頃の母の気持ちが
わかる気がしますね
Posted by 由乃 at 2015年02月06日 20:39
由乃さん

料理上手な母親に憧れていました。
高校生になると、友人宅に泊まり歩いて
美味しいご飯を出してくれると
自分の母親の料理の素朴さが際立ちました。
お母さんが元気でいてくれて
有り難いですね。
Posted by アズキパパ at 2015年02月06日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。