2015年02月16日

前略 母ちゃんへ6


人気ブログランキングへ
 高校3年生になり、就職は親に相談することも無く
学校に来た求人の中で、一番給料の良い愛知県の会社に
決めてからの報告でしたね。
「そう決めたなら、頑張れ」
そう言いながら、私が部屋に戻った後で、父親と
言い合いをしていた事は聞こえていました。

 入社式に臨むために、八郎潟駅から電車に乗った時に
駅のホームで母ちゃんが泣きながら万歳をした姿は
今でも心に残っています。
何でも一人で決めてしまう、ロクデナシでごめんなさい。
あの時、初めて母ちゃんの悲しさ、悔しさが判った気がしました。
母ちゃんの意表をついた万歳に、こみ上げるものがあったけど
直ぐに笑顔に変わった事を、今、白状します。
それは、1年生のマネージャーが何両か後ろの車両に乗り込んでいて
電車が動いた後で隣に座ってきました。
「先輩を秋田駅まで見送ろうと思って・・・」
一度だけ二人でご飯を食べただけの、付き合っていたとは言えない
間柄だったけど、母ちゃんの万歳で湧き上がった感傷は、
一瞬で消えてしまったんです。

 その会社は入社1週間で退職をしてしまったんだけど
人事担当の方が母ちゃんに電話をした時に
「出来るならば辞めない様に説得をしてください。でも、どうしても
辞めたいと言うならば、申し訳ありませんが返してください」

と言ったんだってね。
結局辞めて、自分が情けなくて、東京で仕事を見つけようと
上野駅周辺を歩き回って『従業員募集』の張り紙がないか探したけれど、
見つからなくて家に電話をしたら母ちゃんが出たんだ。
仕事を休んで、電話を待っていたんだってね。
「俺、東京で」言い終わらない内に
「馬鹿なことを考えるな!先ず帰っておいで」
と、その時に一番欲しかった言葉を母ちゃんはくれたんだ。
ロクデナシの息子をどうか許してください。


にほんブログ村
posted by アズキパパ at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
コメント有難うございました。


親子間の関係というのは千差万別ですね。

よく、自分が親になってみて親の気持ちが解ったという方がいらっしゃいますが、
うちは、父が亡くなり、母が独りで暮らすようになり
初めて鍵っ子時代の私の気持ちが解ったと母から言われました。

鍵っ子時代の寂しさがアダとなり
自分が勤めに出ていたころ
娘に寂しい重いわさせないように配慮したのが間違いで
娘はえらい態度が大きく育ち
言いたい放題親批判しています。苦笑

いつかはあいつでも解る日が来るのだろうか?と疑問の日々を過ごしてます。
Posted by Primrose at 2015年02月16日 14:32
Primroseさん
有難う御座います。
私は自営で、自宅からは歩いて15分ほどの場所に仕事場を構えております。
子供たちは低学年のうちは、仕事場に帰って来ていましたが、だんだんに鍵っ子を自ら選択しました。
自分の世界を楽しむ術を手に入れたんだと思います。

娘さんは、きっと思いとは裏腹の言葉を選んでしまっているのではありませんか?
解っていると思います。
Posted by アズキパパ at 2015年02月16日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。