2015年02月18日

前略 母ちゃんへ8


人気ブログランキングへ
 母ちゃんが癌・・・まだ53歳。
35年前の癌への認識は死病でした。
本人には知らされていない中で
どんな顔をして会えばいいのか。
八郎潟駅からタクシーで病院に直行したら
親父が付き添っていた。
母ちゃんはベッドで寝ていたけど、私の
「元気そうだな」の声に驚いて
「なして連絡したの」
と親父を一睨みした。
「ごめんな。忙しがったべ」
「うん・・・まぁ」
会話がぎこちない。そして、続かない。

 手術の日。
母ちゃんがストレッチャーで手術室に消えていく。
手術室の前の廊下で、会話も出来ない親父と私。
何時間も掛かると思っていた手術が1時間位で終わった。
これは良いことなのか、良くないことなのか。
麻酔で眠らされた母ちゃんは病室に運ばれて
私と親父は、執刀医から別室に呼ばれた。
「開腹してみたら、癌が腹膜にも及んでいて
とても取れるものではないと判断せざるを得なかった。
なので、直ぐにお腹を閉じさせてもらった」

こんな時は何と言えばいいのだろう。
親父はうな垂れたまま、一言も発しない。
私の心臓は音が外に漏れているんじゃないかと思うほど
早く、そして強く高鳴っている。
息が苦しい・・・
一つ大きく息を吸って、力の無い声で先生に聞いた。
「母ちゃんは死ぬんですか」
「あの状態では、医者が出来ることはありません」
「・・・・・・・」
「先生、53歳ですよ。何とかしてください」
「あんなになるまで放っておいたとすれば、相当前から
具合が悪かったと思いますよ」

母ちゃんは、初めての孫が嬉しくて、また、使命感に燃えて
姉の産後の世話をかいがいしくしてたらしい。
姉の床上げが済んだ後で病院に行ったんだそうだ。

 私は先生に一番聞きたくなく、でも一番聞かなくてはならない
ことを聞かなければならない。
「母ちゃんは、どれ位生きられますか」
先生は苦渋に満ちた表情で答えました。
「何とも言えませんが、もって3ヶ月かも知れません」
親父は一言も発しません。
こんなシーンはドラマの中だけの出来事だと思っていた。
男二人は、うな垂れたまま母ちゃんの病室のドアの前に立っている。
母ちゃんは自分が癌だと知らないのだ。
しかも助からないことも。
ふいに中からドアが開けられて看護師さんが
「目を覚ましましたよ」と言った。
看護師さんに促されるまま、母ちゃんのベッドの前に立った。
私は精一杯の笑顔を作った。
「母ちゃん、どうだ?痛くね?」
「うん、先生に悪いところ取ってもらったからスッキリした」
「良かったな」
「先生の話し、聞いてきたか」
「うん」
「何とだったって?」
「うん・・・悪いところは取ったって」
うまく言えていたかは自信がないけど、こう言うしかなかった。

 手術の翌日。
母ちゃんの顔を見ると、辛くなるし、嘘を吐き通す自信も
ないので、ベッドの脇の床に座って雑誌ばかり読んでいた。
「お前、何で今日も居るの?神奈川に戻って仕事しろ」
自分の中では、最後まで母ちゃんと過ごすつもりでいた。
「帰れって!もう大丈夫だから。来てくれてありがとな」
こう言われてしまうと、帰らざるを得ない。
癌であることが悟られると困る。
「んじゃぁ、明日帰るから」
「仕事、頑張れよ。盆まで来なくていいからな」
盆までなんか持たない。


にほんブログ村
posted by アズキパパ at 10:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お辛い経験をなさったのですね
何も知らずにいらっしゃるお母様に
どんな風に接していいのか
頭が真っ白になったことでしょう

イケニャン君は、会社の隣のお家で飼われています
外と中自由にさせてもらってる猫なので
しょっちゅう、私の会社にやってきて
ほぼ昼間は会社で過ごしてますww
Posted by 由乃 at 2015年02月18日 16:31
由乃さん

今はほとんど本人に告知しますね。
当時は告知しない場合が多かったですね。
なので、家族は本人に悟られないように
戸惑い、狼狽しながら接してました。

イケニャン君は綺麗なニャンコですね。
Posted by アズキパパ at 2015年02月18日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。