2010年08月10日

この家に来る前 10

次の朝、自分のウンチで命を繋げた事に
少しの安堵と自己嫌悪を感じていた。
でもお腹は減った。
おじいさんとおばあさんは相変わらず忙しそう。
お腹が減ったとアピールしたらまた
「ウルサイ!」って怒られるかな。
試しにうるさくないように小さく泣いてみようか。
「クゥ〜ン、クゥ〜ン」
「おや?そう言えばご飯あげてなかったね」
ようやく、気づいてくれたみたい!
「ウ〜、ワン、ワン」
「あんたはチビのくせに、声は太いねぇ」
おばあさんはお茶碗にご飯を入れてくれた。
私は丸飲みする勢いで一気に食べた。
もう何日ぶりのご飯かも忘れてしまっていた。

朝からお客さんが次々にやって来ては
オジサンの写真の前に座って手を合わせている。
写真の中で笑っているオジサンを見ていたら
なんだか悲しくなってきた。
足が少し不自由だったけど、散歩にも
連れてってくれたよね。
あ、そうだ。もうずっと散歩にも行ってない。
「ワン、ワン」(散歩、散歩)
お客さんの一人が気が付いて、
「この犬、どうするんだ?今は子犬だけど、
ラブラドールは大きくなるぞ。間もなく、
あんた達には手に負えなくなるぞ」
とおじいさんに話したんだ。

2010080716000000.jpg

私、どうなっちゃうの?

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村





posted by アズキパパ at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

この家に来る前 8

朦朧とした意識の中で眠りについた。
私は夢を見ていた。
勿論、食べ物の夢だ。
大好きなお肉、その次に好きなお魚、そしてご飯。
夢中になって片っ端から食べた。
幸せな気持ちになった。
食べ終わって、ふと目を覚ました。
あれ?お腹が減っていない。
おかしい。さっき食べたのは確かに夢の中だった。
夢の中で食べてお腹が一杯の訳がない。
私は必死に考えた。

待て.jpg
お菓子が両手に!
でも、待てだって。イジワル。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

この家に来る前 9

本当は何も食べていないのに
なんでお腹が減っていないんだろう。
必死に考えた。
う〜ん、う〜ん。
うん?
そう言えば、私のウンチはどこに行ったんだ?
キャー!!
もしかして夢の中で食べたお肉って
私のウンチだったの?
シンジラレナイ。
でも、さっきまで死にそうだった私は生きている。
自分のウンチで命を繋いだんだ。
悲しいけど生きている。

オジサンはお花が一杯に飾られた写真の中で
笑っている。
オジサンはやっぱり死んじゃったんだ。
今、私は自分のウンチで生きている。
取りあえず今日は生きている。
明日になればきっとおじいさんかおばあさんが
ご飯をくれるだろう。
オジサン、サヨナラ。

CA8T8F0I物思う.jpg
少し?いや、結構
落ち込んだ・・・

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



posted by アズキパパ at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。