2015年02月09日

前略 母ちゃん3


人気ブログランキングへ
 中学生になって、母ちゃんと口を聞かなくなりました。
母ちゃんに文句があったわけでもなく、嫌いだったわけでも
ありません。
ものも言わずにご飯を食べて、学校に行く。
週末には汗臭い柔道着を洗濯籠に放りこんでいました。
柔道着は日曜日も使うので、皆が晩飯を食べている間に
黙々と洗っていましたね。
喋る事は、お金と弁当が必要な時だけ・・・・
あとは何を聞かれても無視でした。
思春期で反抗期。
母ちゃんが絶対に私を嫌いにならないと判っていたから
思いっきり反抗期を堪能できました。

 中学3年生の秋、高校の進学先を決める時に
親に一切の相談無しに「能代工業 インテリア科」
と学校に提出したことがありました。
職員室に呼ばれて担任が「何で工業高校?難度1番の高校は無理でも
2番の高校には入れるぞ」と言いました。
「希望する高校を書けとあるから」
「だから、成績に応じた高校を選んだらどうかと言っている」
「でも、希望する高校を書けと・・・」
「もういい!帰れ!」

 卒業式の謝恩会で、父が担任から私の学校での
変人っぷりを言い聞かされたということで
その日の夕飯で「何考えているんだ?随分と変わっているらしいな」
と父が不機嫌そうに言った時、母ちゃんはクスクス笑って
『お前らしくでいいな。そのまま、そのまま』

前略 お母ちゃん。
その小さな体の胸の辺りに、大きな塊が見えた瞬間でした。
思春期の訳の判らない反抗期が、終わりの始まりでした。

 その年の冬は豪雪で、屋根には1m以上の雪がありました。
冬休みのある日、仕事場から昼食のために帰ってきた母ちゃんと
ご飯を食べていると、玄関の上の太い梁がメキッと折れたことが
ありました。私は「家が潰れる」と逃げようとしたら
母ちゃんは悠然と「あわてるな。まずご飯を食べてしまえ」と
言いましたね。鈍感なのか勇敢なのか、何者ですか?

にほんブログ村


posted by アズキパパ at 16:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

前略 母ちゃんへ


人気ブログランキングへ
 母ちゃんが旅立ってから、もう34年が過ぎたんですね。
53歳で亡くなった母ちゃんの歳をとっくに追い越してしまいました。
身長が140センチくらいしかなかった母ちゃんを
小学生の私は恥ずかしく思っていました。
参観日に来ると、その小ささは際立っていて
友達に「あの小っちぇの誰の母さん?」と聞かれても
「知らね」と答えていました。
だから、参観日の通知を渡さない時もありました。

 私が幼稚園の頃から母ちゃんは近所の製材所に働きに出ましたね。
私はその時から、鍵っ子でした。
あの頃、近所で共働きの家は珍しかったと思います。
屋根が杉皮を葺いた家で、雨が降ると部屋のあちこちに
空き缶や鍋が点在していて、水滴の音が音楽を奏でるようで
可笑しい様な、悲しい様な・・・雨降りの日は
誰も喋りませんでしたね。
 そんな暮らしを何とかしたくて母ちゃんは
働きに出たんでしょうね。
幼稚園から帰っても、誰もいない真っ暗な家に耐え切れず
私は母ちゃんの職場におこ使いの無心に行きましたね。
5歳の私を一人きりにしている負い目があったのでしょう。
小っちゃながま口から100円くれましたね。
一日働いて300円だった時に100円ですから
今考えると禄でもないガキでした。
 
 ある日、私が風邪をひいて熱を出した朝に
布団から出ないでいると、母ちゃんは台所で
顔を両手で覆って泣いていましたね。
「こんな時でも休んでそばにいてやれない」
私は子供心に、風邪をひいた自分が申し訳ない気持ちで
いっぱいでした。
母親を泣かせることは、幼いながらも男子として
胸を鷲掴みされるような、辛さでした。
「オレ、一人で病院行けるから」
歩いて15分の川崎医院にはじめて一人で行ったのはその時でした。
お母ちゃん、今ならあなたの苦しさがよく判ります。

にほんブログ村
posted by アズキパパ at 16:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

星野富弘さんに会えた


人気ブログランキングへ
 特急と各駅電車を乗り継いで星野さんの住む
東村にたどり着いた。
厚木からだと結構な道程だった。
村の駅に降り立ったが、さて、星野さんの家は何処だろうか。
オーバーウォールに下駄を履いて、番傘を持ったヘンチクリンな
若者が村の中を右往左往する。
星野さんは有名人だろうから、出会った方に聞けば判るだろうと
歩き回った。
しかし、誰にも出会わない。
民家の表札を見ても「星野」姓は見当たらない。
2時間位、徘徊してみたものの結果が得られない。
しかたなく駅に戻った。
駅前に公衆電話のボックスがある。
電話帳で星野さんの名前を探すと「星野富弘」があった。
ダイヤルを回すと若い女性の声がした。
星野さんの奥さんだ。
『済みません。星野さんの絵に感激して会いにきました。
2時間位探してみましたが見つける事が出来ません。
駅からだとどう行けば良いでしょうか』
『そこに居て下さい。迎えに行きますから』

 数分後、車を運転した女性が運転席の窓を開けて笑っている。
『こんにちは。星野です』
黒縁の眼鏡を掛けた、色の白い聡明な感じの方だった。
車の後部座席に乗せて貰い、10分位で星野家に着いた。
玄関の横は大きな庭になっていて、色とりどりの花が咲いていた。
『お邪魔します』と玄関に入ると
『ようこそいらっしゃいました』と
お母さんが正座をして丁寧な挨拶をしてくれた。
奥さんの招きで、星野さんの部屋に案内をされた。
部屋に入ると、星野さんはベッドで横になっている。
『こんにちは』
『やぁ、いらっしゃい』
星野さんは奥さんのサポートで絵を描いていた最中だったらしく
絵筆がテーブルの上に置かれている。
私は、星野さんの詩画集や著書の感想や
心を打たれた事柄を話しまくり、星野さんは
優しい笑みを湛えて聞いている。
そうしていると、奥さんがお皿を抱えてやってきた。
『お昼にしましょ』
ナポリタンを作ったようだ。
私の分も作ってくれたので、恐縮しながらご馳走になった。
食べ終わったら星野さんが
『散歩に行こうよ』
と言ってくれたので『はい、是非』と答えた。
星野さんは首から下の機能を失ってしまったけど
電動車いすのレバーを顎で操作して見事に動き回って見せた。
『ほら』と言って、ターンも見せてくれた。
田んぼ道の縁には様々な花が咲いており、
これも星野さんが描く絵の題材となるらしい。
『自然には敵わないよねぇ』
ぽつりと言った言葉が心に響いた。
自分も駆け出しながら色を使って仕事をしている。
花の絵を依頼されることもあるが、自然の色には及ばない。
『敵いませんね』
こう答えるしかなかった。
部屋に戻った後でもいろいろな話をしてくれた。
奥さんはニコニコしながら聞いているだけだったが
その笑顔は愛情に溢れていて、心地よい時間だけが
過ぎていった。
2時間ほどの時間を共にして、奥さんの車に乗せられて
駅へと向かった。
『まだまだ、頑張れる』
星野さん.jpg


にほんブログ村
posted by アズキパパ at 11:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。